nagahama sachiko


ニットをインテリアに取り入れることをテーマに2007年より制作活動を開始。
DESIGNTIDE TOKYO 2009に出展。

毛糸の重みによる垂れ下がりや編地の透けによる重なりを利用し、どの角度から見ても美しい形がコンセプトです。
色やモチーフは、自身の記憶や精神状態からのイメージで、棺の中に花が詰め込まれていく様子と自分の中で増え続ける悲しみを重ねて表現しているため、オブジェ的な要素の強い作品になりました。
それでも、作っていると自然に、作品と自分の中に希望が生まれてくる。。。
そんな正反対な心の動きが共存するのを感じながら制作しています。


art works atelier about contact information
home